HTTPSで配信する

HTTPで利用されていたブログをHTTPSにする場合は、以下の注意事項をよく読んでからご利用ください。なお、2018年2月22日以降に新しく開設されたブログは、最初からHTTPSで配信されます。

HTTPSへの移行方法・仕様

移行方法

ダッシュボードから設定画面にアクセスし、「変更する」を選択してください。

はてなスター・はてなブックマークの移行について

「変更する」を選択した場合、はてなスターおよびはてなブックマークもHTTPSのURLに自動的に変更します。はてなブックマーク数によっては、移行完了までに時間がかかることがあります。

※はてなスター・はてなブックマーク以外のSNSでのアクション数(例: Facebookのいいね!やシェア数など)は移行できませんのでご注意ください。

デザインテーマについて

テーマストアで公開されているテーマのうち、一部URLが含まれるものを機械的に置換し、混在コンテンツへの対応を行いました。
HTTPS有効時の混在コンテンツ対応のため、テーマストアに投稿されたテーマ内の一部URLを書き換えました - はてなブログ開発ブログ

はてなブログユーザーが投稿したテーマの場合、上記のみでは対応が不完全なことがあります。その場合はテーマが修正されるのをお待ちください。公式テーマでは、HTTPSへの対応を完了しています。

編集サイドバーの混在コンテンツ(Mixed Content)対応について

HTTPSのページを閲覧するときに、ページ内にHTTPの画像やJavaScriptがある場合は、Webブラウザが混在コンテンツ(Mixed Content)と該当箇所をブロックするため、表示されません。

過去記事で、記事編集画面の編集サイドバーにある各種の貼り付け(商品紹介、動画や画像貼り付けなど)を行ったものについては、ごく一部にHTTPS未対応のものがあります。大変お手数ですが、ご自身で記事を再度編集してご対応いただくようお願いいたします。新規記事で、編集サイドバーから貼り付けたものは、全てHTTPSで展開します。

過去記事および、編集サイドバーを利用せずご自身で貼り付けたコンテンツについては、以下の方法でご確認ください。

独自ドメインで運用しているブログのHTTPS配信について

独自ドメインで運用しているブログをHTTPS配信に変更した後、ごく一部のブログで「この接続ではプライバシーが保護されません」といったエラーが表示され、アクセスできないことがあります。

その場合は、設定画面から、HTTPS配信の状況をご確認ください。無効(移行中)と表示されている場合は、数分程度でエラーが解消されます。数分待ってもエラーが解消されない場合や、無効(移行中に問題が発生しました)という表示になった場合は、大変お手数ですがお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

なお、独自ドメインにexample.comといったネイキッドドメイン(サブドメインが付かない素のドメイン)を設定されている場合、必ずHTTPS配信に失敗します。お手数ですが独自ドメインに関するヘルプをご確認の上、適切に独自ドメインをご設定ください。

混在コンテンツ(Mixed Content)の確認方法

ブラウザの「開発者ツール」を利用すると、次のように「Mixed Content」エラーが確認できます。

f:id:hatenablog:20170925141303p:plain
Mixed Contentエラーは開発者ツールなどで確認できます

混在コンテンツは、HTTPSで配信されるWebページに、次のようなHTTPのコンテンツimg要素の画像や、JavaScript、CSS、iframeなど)が貼り付けられていることで発生します。

<img src="http://...">

@import url('http://...' .....

<script src="http://..." ...>

はてなブログにおいてHTTPS配信の利用を検討される方は、記事やサイドバーなどにご自身で配置・掲載した外部サイトの画像や、広告・ブログパーツなどが、下記のようにHTTPShttps://であることをご確認ください。

<img src="https://...">

@import url('https://...' .....

<script src="https://..." ...>

注意事項

※ 一度、HTTPからHTTPSに変更したブログを元に戻すことはできません。
※ はてなが提供するドメインを独自ドメインに設定した後、何らかの理由で独自ドメインが無効になり、はてなが提供するドメインに戻った場合は、ブログがHTTPS配信に変更されます。この場合、ユーザーがHTTPS配信への変更を設定していなくても、強制的にHTTPS配信に切り替わります。