読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引用ストックボタンと引用貼り付け機能

引用ストックボタンおよび引用貼り付けは、他のブログの内容に言及した記事を執筆する際に、そのブログの文章を簡単に、かつ正しいフォーマットで引用できる機能で、ペアで利用します。

引用ストックボタンで文章を編集サイドバーに保存する

記事本文の気になる文章をマウスで選択すると、引用ツール(引用スターボタン、引用ストックボタン、引用ツイートボタン)が表示されます。

上から2番目の引用ストックボタン(引用符のアイコン)をクリックすると、選択した文章が編集サイドバーにストックされます。

引用ボタンをクリックして引用をストックできる

引用ボタンをクリックして引用をストックできる

※引用ストックボタンは、限定公開(公開範囲が「自分のみ」もしくは「カスタマイズ」)のブログでは機能しません。

そのまま記事の閲覧を続けるときは「閉じる」をクリックします。

引用してそのまま言及記事を書く

いまストックした文章を引用した記事をすぐに書くには、「ストック一覧を見る」をクリックします。

編集サイドバーに「引用貼り付け」タブを表示して、記事編集画面が開きます。本文には、ストックした文章が引用の形式で出典を明記して貼り付けられています。

編集サイドバーの「引用貼り付け」機能

記事編集画面で編集サイドバーの「引用貼り付け」タブを開くと、ストックした引用の一覧から執筆中の記事で言及したいテキストを選択し、簡単に貼り付けることができます。

貼り付けられたストックは、正しく引用と出典を表すフォーマットで記述されるため、どこからどこまでが引用で自分の意見がどこに書かれているかが分かりやすく、引用元も明確になります。

ストックした引用をクリックして編集画面に貼り付けることもできる

ストックした引用をクリックして編集画面に貼り付けることもできる

引用ストック&貼り付け機能での制限事項

引用ストック&貼り付け機能では、ストックできる引用の数などに制限があります。

  • 10個までの「引用」をサイドバーにストックできます。上限を超えると、古い順に削除されます
  • ストックした元の記事が削除されたり限定公開になったときには、サイドバーから削除されます
  • 元の記事が追記・修正など編集されても、サイドバーにストックした文章は元のままで変更されません
  • 「引用貼り付け」機能は現在のところPC版でのみ利用でき、スマートフォンでは引用のストックのみが可能です。

※引用貼り付けを利用して記事を公開すると、引用されたブログでは「あなたへのお知らせ」欄に言及された旨が通知され、 アクセス解析ページの「言及の一覧」に記載されます。